真章・幻夢館

真章・幻夢館

真章・幻夢館 Epilogue.1 〜夢と告白と迷走〜

愛と憎しみの惨劇により、炎へと包まれた「幻夢館」。当事者である探偵の「木戸」は、生き残りであるメイドの「望」と事務所の社長である「芽衣」とともに、悠々自適に暮らしていた。惨劇により急速に接近した木戸と望は、お互いが求めるままに肉体を重ねていたが、芽衣が木戸に対する気持ちを抑えきれずに伝えてしまうことで、再び物語が動き出す…。大人気ゲーム『真章・幻夢館』の正式な続編として、ついにアニメ化!「コンビニ受取」対象商品です。詳しくはこちらをご覧ください。
真章・幻夢館

真章・幻夢館 Epilogue.2 〜愛と真実と護るべきもの〜

自分の居場所を感じられず、家を飛び出した「望」は幻夢館の地下で、今田による陵●を受けていた。そこに現れた「薫」により語られる、衝撃の真実。合流した「木戸」「芽以」とともに病院へ向かう、望たち。そこには館の崩壊とともに行方不明になっていた「綾乃」の、身体が成長し、眠り続けている姿があったのだった…。大人気ゲーム『真章・幻夢館』続編のアニメ化がついに完結!「コンビニ受取」対象商品です。詳しくはこちらをご覧ください。
タイトルとURLをコピーしました