秘湯めぐり 隠れ湯

秘湯めぐり 隠れ湯

秘湯めぐり 隠れ湯 総集編

上巻:帰郷した美紀男は温泉旅館の金峰楼に立ち寄った。そこでは、雪野ちとせが女将として旅館を切り盛りしていた。幼なじみで、恋人でもある彼女の雰囲気は、以前に会った時よりも大人っぽくなっていた。仕事がおわったちとせに会いに行く美紀男の目に衝撃的な光景が飛び込んでくる。それは、ちとせが他の男に身を委ねている姿であった。男の手を払いのけようと抵抗しているように見えるが、それは力強いものではなく、次第に男に体を預け大胆な愛撫を受け入れていくちとせ。そんな光景を前に美紀男はただ立ち尽くすだけであった。下巻:あの夜から数日が経っていた。美紀男はいまだに聞けなかった、帰郷の夜に起きたことを…。抵抗らしい抵抗をせずに健三の愛撫に身を任せ、あげくにはペニスを膣奥に受け入れ、子宮内の射精を許してしまうちとせの姿が鮮明に脳裏に焼き付いている。なぜ?どうして?目の前で無邪気にふるまうちとせの姿は、美紀男がよくしっているちーちゃんだっただけに疑問は膨らんでくるばかりだ。そんなもやもやした思いを抱いていた美紀男の前に飛び込んでくる絶望的な光景。制服姿のちとせにぴたりと寄り添う健三。ちとせはいやがるそぶりを見せるどころか健三の猛々し一物を握り、手を前後に動かして擦り上げていく。その姿は無邪気なちーちゃんではなく情欲をかき立てる女の姿であった。制服のまま押し倒され、下着の股の部分だけをずらされ深々と侵入してくる。ちとせは堪らず嬌声を上げる。幼なじみのちーちゃんはどこにもいなかった…。「コンビニ受取」対象商品です。詳しくはこちらをご覧ください。
秘湯めぐり 隠れ湯

秘湯めぐり 隠れ湯 舞桜編 完全版

<STORY>1st:美紀男に密かな想いを寄せている舞桜は、思い切って旅行に誘う。二人きりの旅行が実現し、気持ちが高ぶる舞桜。対する美紀男は電車の席に着くと早々に眠りこけてしまった。いきなり肩すかしを食らったが、これからの事で舞桜の胸は期待で膨らむのであった。だが、そんな想いは、不意に現れた男の前では性欲をかき立てるネタにしかならないのであった…2nd:望まぬ男と過ごしてしまった初めての夜…、そのことは舞桜の心に暗い影を落としていた。朝食に手をつけず元気のない様子の舞桜を心配する美紀男。そのとき、美紀男の携帯にメールが着信する。送り主は舞桜に最も合わせたくない男、健三からであった。美紀男はメールの送り主を舞桜に悟られない為に、携帯を片手に一人で外へ出て行った。それを見計らったかのように、一人残された舞桜の尻に這いまわってくる手。昨夜の忌まわしい記憶を払うようにその手を抑えようとする。だが、やらしい動きを制しようとした手は、逆に指を好色に絡め取られるだけであった。身体に昨夜の熱い感覚がせり上がって来た時、耳元でささやかれる誘いの言葉。彼女の想い人は側にはいない…。「コンビニ受取」対象商品です。詳しくはこちらをご覧ください。
タイトルとURLをコピーしました